アフターピルは通販で購入して常備しておいた方が安心です。
アフターピルの代表的なものと言えば、ノルレボが有名ですが、ノルレボとほとんど同じ成分で作られたジェネリック医薬品としてアイピルも販売されています。
万が一に備えてアフターピルであるノルレボやアイピルを常備しておけば、避妊に失敗しても安心です。

最近では、アフターピルであっても通信販売を専門とするサイトから比較的簡単に購入できるようになっていますし、海外から個人輸入することも可能となっています。
アフターピルは緊急避妊薬であり、避妊に失敗した後72時間以内に服用する必要があります。
72時間以内に服用することによって一定の避妊効果を得ることができますが、避妊に失敗してからできるだけ早く服用した方が避妊に成功する確率も高くなります。

アフターピルとしてアイピルを常備しておかないと、72時間以内に服用することができない可能性があるので注意が必要です。
通常、アフターピルを処方してもらうためには病院にいかなければなりません。
そして、病院では基本的に一回分のアフターピルしか処方してくれないため、万が一副作用で十分に成分が吸収されていないにも関わらず吐いてしまった場合にはもう一度病院にいかなければならなくなってしまいます。

その点、アフターピルとしてアイピルを通販で購入して常備しておけば、病院に行く手間を省くことができます。
病院に行く時間を節約することができるため、素早く緊急避妊のための対応をとることができ、避妊に成功する確率は高くなります。
遅れれば遅れるほど避妊に成功する確率は下がってしまうので注意が必要です。
さらに、病院で購入するよりも通販で購入しておいた方が安く購入することができます。
病院で処方してもらうと基本的に保険がきかない薬となるので、全額負担しなければなりません。
しかし、通信販売でノルレボやそのジェネリック医薬品であるアイピルを購入しておけば安い値段でアフターピルを購入することができるので、購入のための費用が安く済むというメリットがあります。

安全な通販サイトを見つける方法は?

アフターピルであるノルレボやアイピルは通信販売を使って購入することもできますし、個人輸入を行うこともできます。
通信販売や個人輸入でピルを購入する場合は、偽物や非正規品などを販売する悪徳な会社に注意しなければなりません。
そのため、通信販売や個人輸入を行う場合には、できるだけ偽物を掴まないように心がけ、非正規品を売られないように注意しなければなりません。
偽物や非正規品である場合、アフターピルとして十分な機能を有していない場合もあるので、望んでいなくても妊娠してしまうことがあります。

安全な通販サイトを見つけるためには、まずは価格を見るようにすることが大切です。
あまりにも安い価格で販売されている場合には、偽物や非正規品を販売している可能性が高いため注意が必要です。
一つのサイトだけをみてすぐに購入するのではなく、複数のサイトを比較するようにすることが大切です。
複数のサイトを比べることによっておおよその価格もわかってきます。
価格があまりにも安い場合には購入しない方が良いです。

悪徳業者である可能性があります。
悪徳業者が運営するサイトで販売されている偽物のアフターピルを服用したとしても、アフターピルの重要な効果である避妊効果を得られない可能性があります。
妊娠してしまってからでは遅いので十分に気をつけておかなければなりません。
安全な通販サイトには複数の口コミが寄せられていることが多いので、過去に購入した方が投稿した口コミも忘れずに目を通しておくようにしましょう。
その中で悪い口コミがあまりにも多い場合、何らかの問題がある業者である可能性が高くなります。
安全な通販サイトを見つけるためには、まず薬の価格を確認し、その後口コミをしっかりとチェックすることが大切です。