毎月の生理痛に悩む女性は多くいます。
女性の社会進出が叫ばれて久しいですが、女性の社会進出に伴いライフスタイルが大きく変化し、生理痛が酷くなる女性は増加しています。

では、生理痛はどの様なメカニズムで起こるのでしょうか。
月経前におこる生理痛は月経前症候群と呼ばれ、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量の変化によって引き起こされます。
排卵後、プロゲステロンの分泌量は急激に増加します。
しかし、その排卵された卵子が精子と着床しなかったことにより生理が起こるとプロゲステロンの分泌量は一気に減少します。
この大幅な変化に自律神経が身体をコントロールできなくなり、胃痛や頭痛、腰痛、イライラといった身体の不調を引き起こすのです。

生理前半にあらわれる身体の不調はプロスタグランジンという物質によって引き起こされます。
プロスタグランジンは月経時に子宮内膜から分泌される物質で子宮の収縮を促し、経血を体外に押し出そうとする働きがあります。
プロスタグランジンの分泌量が多いと子宮の収縮が強くなり、痛みが増す傾向があります。
子宮筋腫や子宮内膜症など子宮になんらかの病巣がないのに生理痛を強く感じる場合はこのプロスタグランジンの影響があるといえます。
また、骨盤のゆがみや冷えによる血流不良も生理痛をひどくする一因になります。

では、辛い生理痛を緩和させるためにはどうすればいいでしょうか。
日常生活に支障をきたすほど、生理痛が辛い場合はなにか病気が潜んでいる場合があります。
まずは、病院で診察してもらい、生理痛の原因が病気でないかどうかを確かめる必要があります。
病院で診察してもらうと、生理痛の治療としてピルの服用をすすめられることがあります。
ピルは経口避妊薬として知られていますが、排卵を抑制することにより子宮内膜の増殖を抑えて経血量を減らすことができます。
経血量の減少により子宮の収縮が少なくなり痛みが減少することが期待されます。

生理痛を緩和させる方法をご紹介!

生理痛を緩和させる方法はピルの服用だけではありません。生理痛を強くする原因として、冷えによる血流不良があげられます。
冷えを解消することにより、症状が改善することがあります。
冷えを解消するためには、カイロを貼ったり腹巻をして冷やさない様にすることももちろん大切ですが、適度な運動、ストレッチをすることによって血のめぐりをよくすることができます。
骨盤を左右前後にゆっくりと回す骨盤ストレッチや、寝たまま手足をぐっと伸ばし背伸びをし、その後脱力をするといった寝たままできるストレッチも効果的です。
気持ちをリラックスさせながらストレッチを行うことでストレスの解消にもつながります。

また、自分でできるツボ押しケアも有効的です。生理痛の症状を緩和させるツボが手と足にあります。
人差し指と親指の骨が交差するくぼみの部分にあるツボを「合谷」と呼びます。
ここを押すことで痛みを和らげることができ、生理痛に限らず、歯痛や頭痛にも効果があります。
足にはくるぶしの内側から指4本分のところにある「三陰交」や、すねの骨の外側にある「足三里」などが痛みを緩和するツボとして知られています。
これらのツボをマッサージして痛みを逃すことで身体が楽になることができます。

痛みに対する対処だけではなく、普段の食事も見直す必要があります。
カップラーメンなどのインスタント食品やレトルト食品に含まれる塩分や添加物は血のめぐりを悪くします。
冷え予防の観点からも身体を温める食べ物を積極的に摂る必要があります。
身体を温める食べ物としては、にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜があげられます。

忘れてはいけないのは飲み物です。カフェインを多く含むコーヒーや緑茶は飲みすぎると血行が悪くなり、冷えを引き起こします。
リラックス効果のある飲み物ではありますが、生理中には飲みすぎない様に気を付けましょう。