キャッシング初心者が知っておくべき基礎

キャッシング初心者ならば、まずは基礎的なことについての知識を持っていなくてはなりません。申込みをするときにどういう情報を入力すればいいのか。返済時にはどういった方法を選べば良いのか。金利の計算と返済額の計算はどうすればいいのか。

こうしたことを理解しておかないと、不安なままに申込みを行ってしまうために、最初に何らかのミスをしでかして借り入れに時間がかかったり、返済に遅延が生じたりします。

キャッシングの基礎知識

キャッシングの申込みをするときには、まず自分の個人情報を入力しなければなりません。住所と氏名と連絡先は必須で、これに加えて年収などの所得、住居の種類、そして最後に返済方法を選択します。

住所については正確なものを、氏名については読み仮名を含めたものが必要で、連絡先は電話番号だけではなく、メールアドレスも求められることがあります。年収など所得については細かい数字が分からなければある程度大まかにしても問題はありません。

申込みの際、通常ならば本人を確認するための書類を要求されます。これは低額の借り入れをするときも同様で、運転免許証のコピーや保険証の写しなどが必要になります。また借り入れをするときの金融機関や金額に応じて収入証明書類が必要です。これは納税時に提出する書類のコピーを持っていればいいだけなので、それも準備しておくといいでしょう。

次の返済に関する計算は、大まかなものをやっておけば慣れることができます。例えば年利15%ならば30万円を借り入れた場合には一ヶ月あたりで4千円を支払えば大丈夫です。

細かい数字については計算が必要ですが、所得証明書類が不要な低額の借り入れで年利が万単位になることはありませんから、ある程度の収入があれば返済に困るということはまずありません。